初心者向けソーシャルレンディング比較 - それとう

それとう

*

このエントリーをはてなブックマークに追加
このサイトは、初心者向けに、ソーシャルレンディング業者を比較検討するためのサイトです。

株式投資やFXなどの投資をしたことがある人がわかると思いますが、株や通貨というのはどこの業者で取引しても基本的に同じです。違うのは手数料や情報ツールくらいです。

一方でソーシャルレンディングでは、業者の違いはかなり大きな影響があります。

なぜなら、ソーシャルレンディングは業者ごとに取り扱っている案件(投資・融資対象)が異なるからです。

ある業者が取り扱っている案件は、他のソーシャルレンディング業者からは投資できません。

この辺りが、株式投資などと全く違うところです。

そのため、いろいろなソーシャルレンディング業者を比較して、自分に合った口座を開いてください。

このサイトでは、そのお手伝いをさせていただきます。

利回りで比較

ソーシャルレンディングを始める目的として、みなさんがまず考えるのが高利回りを享受することでしょう。

預金どころか債券、外債に投資しても満足のいく利回りが得られない現在、ソーシャルレンディングは、業者によっては10%超の利回りの案件を取り扱っており、有数の高金利獲得手段です。

そうした高利回り案件を多く扱っている業者を比較して、ランキングにします。

高利回りランキング

1位:クラウドクレジット

利回りで選ぶならクラウドクレジットが最もおすすめです。

新興国を中心に海外拠点を複数持っていて、ソーシャルレンディングとしては珍しい新興国・フロンティア諸国案件なども取り扱っています。

しかも大株主は大手商社の伊藤忠商事なので安心です。



2位:トラストレンディング

トラストレンディングも最高12%と高めの利回り案件を用意してくれる業者です。

元利一括返済スタイルで高利回りなので、実質的には最強クラスの資金効率の良さを誇っています。



トラストレンディングの評判について解説した記事。

3位:みんなのクレジット

3位は「みんなのクレジット」がふさわしいと思います。

最大14%超の高利回り案件を取り扱っていて、現金キャッシュバックの金額も大きいです。

しかもいまだに元本割れの案件がありません。

ここに投資すると、融資先からいきなりお米が届いたりといった、うれしい驚きが味わえるかもしれません。

みんなのクレジットの評判を調べた記事

最小投資金額で比較

ソーシャルレンディングの良いところは、1万円と少額から始められるところです。
少ない金額で始められるソーシャルレンディング業者を比較して、ランキング化しました。

最小投資金額ランキング

最小投資金額としては、1万円で投資でき、案件も面白い2社を同率一位にしました。

 

1位:ラッキーバンク 1万円

ラッキーバンクは、1万円から投資できるだけでなく、全案件担保付きにこだわっている安心感のある業者です。

不動産に特化しているため、担保価値が高い不動産を担保にできるのが、おすすめポイントですね。

ソーシャルレンディングならラッキーバンク

 

ラッキーバンクの評判についてまとめた記事。

同率1位:SBIソーシャルレンディング 1万円

SBIソーシャルレンディングはSBI証券系なので知っている人も多いと思います。

利回りが低めの案件が多くて面白味には欠けるのですが、その分慎重に安心感のある貸し倒れリスクの低い事業性融資案件が数多く用意されています。

SBIソーシャルレンディングの評判についてまとめた記事。

 

同率1位:オーナーズブック

オーナーズブックの1万円から投資できます。

特徴は同社内のSNSを通じて、ソーシャルレンディング投資家同士でコミュニケーションが取れること。

ベテラン投資家も自分の知識を披露する機会をうかがっているので、経験豊富な投資家の考え方を学べる良い機会ですよ。

OwnersBook

安心感で比較

ソーシャルレンディング業者は、まだ歴史が浅く、ネット専業と言っても20年近い歴史があるオンライン証券業者ほどの地位はありません。

伝統的な金融機関やブローカーと比べたら、経営の規模、会社としての組織面の強さなどは十分とは言えないものがあります。

そのため、ソーシャルレンディング業者を選ぶにあたって、安心感(危険ではないか)に注目する人も多いでしょう。

そのため、会社としての安心感を比較して、ランキング化しました。

安心感ランキング

1位:クラウドクレジット

伊藤忠商事やマネックスの支援を受けているクラウドクレジットを安心感ランキングの1位にしました。

やはり、大手商社の安心感は違います。


クラウドクレジットの評判についてまとめた記事。

2位:Maneo(マネオ)

2位はソーシャルレンディング業界最大手のmaneoにしました。

融資案件が豊富でとりあえずここを選んでおけば間違えないってくらい安心感がある業者です。

しかも、大株主はGMOクリックホールデングス、三井住友グループのSMBCベンチャーキャピタルとしっかりした会社がついています。

伊藤忠本体がバックアップするクラウドクレジットほどではないですが、十分な株主と言えます。

おわりに

ソーシャルレンディングは、高利回りの案件が募集開始すると、応募が殺到して、募集枠が埋まって投資できなくなることが良くあります。

そのため、複数の口座を開いて、良い案件が出たら積極的に投資していく姿勢で臨みたいです。

気に入った会社があったら、とりあえずいくつか開いてみてください。

個人的には

  • クラウドクレジット
  • maneo
  • ラッキーバンク

あたりは必須だと思います。
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright© それとう , 2017 AllRights Reserved.