初心者向けソーシャルレンディング比較 - それとう

それとう

業者の評判

クラウドクレジットの評判。伊藤忠との提携で信用でき、分散先に使いやすい

投稿日:2016年11月5日 更新日:

クラウドクレジットは伊藤忠商事が株主になっている大手ソーシャルレンディング(融資型クラウドファンディング)業者です。

海外案件を数多くそろえる独自性の高いソーシャルレンディング業者と注目に値する企業です。

今回はクラウドクレジットの評判をまとめていきます。



伊藤忠が株主にいるのが信用力の面で高評価

ソーシャルレンディングは、まだ普及して間もない金融商品であるため、業者についての信用は非常に重要です。

ビットコインの取引所でもごたごたがありましたが、まだソーシャルレンディングやビットコインなどのフィンテック企業というのは内部統制がきちんとできていないリスクも考えられます。

その点でクラウドクレジットは、伊藤忠を株主に迎えることで競合他社に対して優位に立っています。

総合商社である伊藤忠のコンプライアンスの基準は厳しく、いい加減な企業には出資できません。伊藤忠から資金調達するというのは優良企業の証と言えます。

クラウドクレジットは伊藤忠の出資先としての基準を満たした企業として、信用力で高い評判を誇っています。

珍しい新興国などの海外向け案件を扱っている

ソーシャルレンディングは日本国内の不動産市場向けが中心です。そのため、ソーシャルレンディングで資産運用を行うと、資金の運用先が国内不動産に偏ることになります。

一方でクラウドクレジットは海外向け案件を積極的に取り扱っています。

メキシコなど新興国向けの融資案件もあり、かなり高利回りの面白い案件があります。

子会社もペール、エストニア、メキシコに設立しており、これらの地域でのソーシャルレンディング案件にはかなりの優位性を持ちます。

ロシアと紛争したことで有名なジョージア(グルジア)向け融資案件など、かなり手広く世界中を投資対象にできます。

日本にいてはなかなか収益機会にできない案件に手が出せるのは、かなり便利です。普通なら香港辺りに証券口座がなければ、投資できないエリアなので。

そのため、他のソーシャルレンディング業者との分散先として是非とも口座を開設しておきたい業者と評判です。

ペルーへの投資のイメージ

社会的意義が大きい案件が多い

資金が足りない新興国に融資するというのは社会的意義が大きいので、その点を評価する投資家もいます。

ソーシャルレンディングは利回りの高さばかりに注目が集まりますが、社会をより良くしようという志を持って投資するという観点もあったはずです。

それには、発展途上国など貧しい国のマイクロファイナンス案件なども扱っているクラウドクレジットは高く評価できます。


最低投資金額が1万円と低く投資しやすい

クラウドクレジットはこれまで最低投資金額5万円から投資できたのですが、2016年11月からなんと1万円から投資できるようになります。

1万円と少額投資なので、かなり小さな余裕資金を預けることが出来るし、リスクが高めの海外案件などを少額で試すことも可能です。

また、投資経験がない人やミドルリスク・ミドルリターン分野への同士の導入などにも使えると評価している投資家もいます。

現実的には、あまり小さい金額の投資では、収益が小さく経済的な意味は低いのですが、上で述べたような柔軟な利用法ができるだけでもプラス評価と言えそうです。

預託金口座が便利

クラウドクレジットは預託金口座というサービスがあります。

通常のソーシャルレンディングでは、既に投資した案件の回収金は直接自分の口座に戻り、新規案件に投資する時にはお金を振り込むことになります。

しかし、クラウドクレジットの預託金口座を利用すれば、投資案件からの回収資金を預託金口座に滞留させておいて、新規案件に投じることが可能です。

そのため、振り込みなど面倒な手間が少なく運用できます。

株式投資の証券口座みたいで使い勝手の良いサービスと評判です。

・振込手数料…投資家負担(振り込みが無料の口座を使うべき)
・出金手数料…月1回無料。2回め以降は756円(税込)手数料が発生(あまり頻繁に引き出すべきではない)

為替リスクが怖い

海外向け案件のなかには為替ヘッジしたものと為替ヘッジしていないものがあります。

為替リスクヘッジしていないものは、外貨を持っているのと同じなので、為替リスクがあります。

この為替リスクに対しては、警戒する声があります。

わたしは、ヘッジコストの負担があるので為替ヘッジ無し案件でリスクを取りたい派ですが、為替リスクを避けたい人はヘッジ付き案件を選ぶようにしましょう。

社長の好感度が高い

クラウドクレジットの杉山社長は、熱く国と国を結ぶという志をメディアで良く語る好感度が高い人物です。

東京大学出身で、大和証券やロイズTSB銀行で債券ディーリングに従事していたエリートからの転身のようですね。

社長ブログでは仕事の話だけでなく、英会話の習得法なども語っている気さくな人柄がうかがい知れます。

ぜひ成功してもらいたいですね。

豊富なシミュレーション機能

クラウドクレジットはシステム面が優れていて、投資シミュレーション機能が無料で利用できます。

投資金額の想定パフォーマンス分布や各年度のパフォーマンス分布など参考になる情報が利用できます。

クラウドクレジット シミュレーション機能

30年間の期待リターンなんてものまであります。

どんどん使い勝手が良くなっていくソーシャルレンディング業者として

 

ファンド組成実績が十分

クラウドクレジットは、大手のソーシャルレンディング業者であって、すでに100ファンドを超えるファンド組成を行っています。

そのなかで、致命的なデフォルトに陥ることもなくうまく運営してきているので、実績への評判が高いです。

また、組成したファンドの投資先が、非常に細かく分散している(1.5万先以上の貸出先に分散投資するなどの)ファンドなども作っており、投資家のリスク分散にも配慮してくれています。

クラウドクレジットの評判についてのまとめ

  • ソーシャルレンディング業者のなかでも、クラウドクレジットは海外に強みがある業者。
  • そのため、国内不動産私募ファンドなどへの投資が多いほかのソーシャルレンディング業者や国内株式・債券など分散先に有望。地震などの天災が不動産の弱点などで、分散先は多い方が良い。
  • 新興国向けに、リターンも高く、社会的意義が高い案件が多い。
  • ファンド組成本数が多く、実績が十分。
  • 為替リスクが嫌な人は、為替ヘッジ付きを選ぼう。



-業者の評判

Copyright© それとう , 2017 AllRights Reserved.